アイヌの民族考古学

手塚薫 著

北の地に文化を構築したアイヌをめぐり、その生業はじめ、儀礼、交易、疾病など幅広い属性を、発掘成果と豊富な民族学資料を通して精緻に分析。他民族との異同などにも触れつつ、その変化と混淆に満ちた文化の特徴をあきらかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 狩猟採集民の普遍性
  • 第1章 北東アジアにおける毛皮獣狩猟活動と近代世界経済システム-毛皮交易の興隆と毛皮の獲得
  • 第2章 アイヌの生活様式の多様性-アイヌ研究のあらたな展開
  • 第3章 石狩低地帯におけるアイヌ交易の展開と本州製品の流通
  • 第4章 千島列島における先住民交易ネットワークの形成と変容
  • 第5章 千島列島への移住と適応-島嶼生物地理学という視点
  • 終章 移動する文化境界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アイヌの民族考古学
著作者等 手塚 薫
書名ヨミ アイヌ ノ ミンゾク コウコガク
書名別名 Ainu no minzoku kokogaku
シリーズ名 ものが語る歴史シリーズ 23
出版元 同成社
刊行年月 2011.2
ページ数 230p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88621-547-5
NCID BB04892347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21904146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想