文化人類学のレッスン : フィールドからの出発

奥野克巳, 花渕馨也 共編

[目次]

  • 1 フィールドワークと文化人類学-人類学者はどのように調査を進めるのか?
  • 2 民族と国家-集団意識はどのように生まれるのか?
  • 3 家族と親族-親と子は血のつながっているものか?
  • 4 セクシュアリティとジェンダー-「性」の多義性とは?
  • 5 交換と経済-他者とは何か?
  • 6 儀礼と分類-人はどのように人生を区切るのか?
  • 7 宗教と呪術-世界は脱魔術化されるのか?
  • 8 死と葬儀-死者はどのように扱われるのか?
  • 9 文化とアイデンティティ-先住民族は消滅するのか?
  • 10 グローバル化と他者-今日のフィールドワークとは?
  • 11 霊長類と文化-霊長類は私たちの文化について何を教えてくれるか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化人類学のレッスン : フィールドからの出発
著作者等 奥野 克巳
花渕 馨也
書名ヨミ ブンカ ジンルイガク ノ レッスン : フィールド カラノ シュッパツ
書名別名 lesson of cultural anthropology
出版元 学陽書房
刊行年月 2011.1
版表示 増補版.
ページ数 288p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-313-34021-3
NCID BB04879225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21903235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想