スポーツ科学でわかる身体(カラダ)のしくみとトレーニング

小河繁彦 著

一流のアスリートやコーチでさえも経験に頼る部分が多いトレーニング法-こうしたトレーニング法の中には、実は科学的根拠がなく、むしろマイナス効果しかもたらさないものもある…。本書では、アスリートやコーチが日頃感じている疑問について、欧米の最先端のスポーツ科学の知見を盛り込みながら具体的に解説。現場ですぐ活用できて、即効果の期待できる話題満載の最新トレーニング読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 スポーツ科学は本当にアスリートに役立つのか?
  • 第2章 アスリートは人間に備わる生理的な適応能力により成り立っている
  • 第3章 運動パフォーマンスは疲労との戦い
  • 第4章 トレーニングでは身体だけでなく頭も鍛えられている
  • 第5章 運動する環境もパフォーマンスに影響する
  • 第6章 黒人は足が速い?運動と遺伝について
  • 第7章 トレーニング効果が及ぼす生理機能の変化
  • 第8章 最新トレーニング事情 知識の氾濫や商業主義の功罪-正しいトレーニングと間違ったトレーニング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スポーツ科学でわかる身体(カラダ)のしくみとトレーニング
著作者等 小河 繁彦
書名ヨミ スポーツ カガク デ ワカル カラダ ノ シクミ ト トレーニング
書名別名 スポーツ科学でわかる身体のしくみとトレーニング
出版元 丸善
刊行年月 2011.1
ページ数 185p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-621-08315-4
NCID BB04866019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21875635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想