慶喜の捨て身 : 幕末バトル・ロワイヤル

野口武彦 著

大政奉還は、窮余の一策ではなく、徳川政権の立て直しを目指す慶喜による捨て身の大博打だった-。武力倒幕を目指す薩長を見事に出し抜いた慶喜は、雄藩諸侯会議のリーダーとして君臨し、徳川中心の新政権を新たに作り出そうとしていた。しかし、慶喜のある判断ミスにより権力は討幕派の手に落ちる。果たして慶喜の千慮の一失とは。大政奉還から王政復古までの五十五日間、幕末バトル・ロワイヤル最終局面。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 慶應狂瀾録(功山寺の雪
  • 火吹きだるま
  • 英国伝習
  • 新徴組始末
  • 征長御用金
  • 将軍御進発
  • 忠臣の末裔
  • 調練は茶番だ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 慶喜の捨て身 : 幕末バトル・ロワイヤル
著作者等 野口 武彦
書名ヨミ ヨシノブ ノ ステミ : バクマツ バトル ロワイヤル
シリーズ名 新潮新書 408
出版元 新潮社
刊行年月 2011.2
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610408-4
NCID BB04864829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21901161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想