トルキスタン文化史  2

V.V.バルトリド [著] ; 小松久男 監訳

「トルキスタンのギボン」と呼ばれた東洋学の泰斗バルトリドが中央アジアの古代から近代までを通観。中央アジア史の基本書。第2巻は帝政ロシア統治下のトルキスタンを叙述。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第6章 ロシア統治期の定住民と遊牧民の生活
  • 第7章 学校
  • 第8章 ロシア人の移住
  • 第9章 都市生活
  • 第10章 現地民とロシア統治
  • 第11章 統治のヨーロッパ化と現地民
  • 第12章 ロシア統治と諸ハン国-ブハラ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トルキスタン文化史
著作者等 Bartol'd, Vasiliĭ Vladimirovich
Bartolʹd, V. V.
小松 久男
バルトリド V.V.
書名ヨミ トルキスタン ブンカシ
書名別名 Istoriia kul'turnoi zhizni Turkestana

Torukisutan bunkashi
シリーズ名 東洋文庫 806
巻冊次 2
出版元 平凡社
刊行年月 2011.3
ページ数 379p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-80806-3
NCID BB04836958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21927417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想