日本政党史

季武嘉也, 武田知己 編

明治の政治結社から護憲政党の活躍、戦時下の政党消滅、自民党・社会党を柱とした五五年体制と派閥政治、二〇〇九年の政権交代までの政党史を平易に解説。民主政の柱、権力装置としての"政党"の実態と本質を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-政党史研究の意義
  • 1 明治前半期における政党の誕生(‐1890年)
  • 2 大日本帝国憲法下での政党の発展(一八九〇‐一九三二年)
  • 3 政党政治の凋落と再生(一九三二‐五五年)
  • 4 「五五年体制」の変貌と危機(一九五五‐八六年)
  • 5 政治改革と政界再編(一九八六‐二〇〇九年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本政党史
著作者等 季武 嘉也
武田 知己
書名ヨミ ニホン セイトウシ
書名別名 Nihon seitoshi
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2011.2
ページ数 363, 10p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-08049-1
NCID BB04779129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21893635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想