子宮会議

洞口依子 著

子宮を喪うということは女性としての存在理由も奪われることなのか?癌で子宮と卵巣を全摘出した女優が、絶望の淵で煩悶しながらも、自らのからだに問いかけ、真正面から人生に立ち向かっていく姿を描いたドキュメント。発病、生い立ち、苦闘の入院生活、そして夫婦のデリケートな問題まで、彼女自身のリアルな言葉で綴っていく。単なる闘病気ではない、ひとりの女性の生き方の書。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子宮会議
著作者等 洞口 依子
書名ヨミ シキュウ カイギ
シリーズ名 小学館文庫 と7-1
出版元 小学館
刊行年月 2011.1
ページ数 221p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-09-408579-2
NCID BB04767378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21886084
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想