リーダーシップの意味構成 : 解釈主義的アプローチによる実践理論の探求

片岡登 著

著者自身が土地勘のある会社で実際に管理職を務める実践家の抱く「リーダーシップの実践理論」を現実に解明した画期的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本研究の目的
  • 第1部 理論編(社会科学とリーダーシップ
  • 解釈主義的アプローチ
  • 「記憶」の視点)
  • 第2部 データ編(調査方法
  • 「適合性の公準」の実践
  • リーダーシップに関する経験と意味構成
  • リーダーシップの実践理論の探究
  • 研究成果と今後の研究課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リーダーシップの意味構成 : 解釈主義的アプローチによる実践理論の探求
著作者等 片岡 登
書名ヨミ リーダーシップ ノ イミ コウセイ : カイシャク シュギテキ アプローチ ニ ヨル ジッセン リロン ノ タンキュウ
出版元 白桃書房
刊行年月 2010.12
ページ数 254p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-561-26540-5
NCID BB04765758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21941579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想