なぜヒトは旅をするのか

榎本知郎 著

ヒトはなぜ旅ができるのか。渡りをする鳥や所属集団を替える霊長類は存在する。しかしそれは、各個体の生活圏での行動である。ヒトは、自らが所属する集団の生活圏を離れ見ず知らずの集団の生活圏に入り、ふたたび自らの生活圏に戻る「旅」ができる。このような行動はなぜ可能になったのか。本書では、旅が可能になる、見知らぬ他者でも中立的で対等にコミュニケーションできる性質を「許容」と呼び、これがどのように進化したか、ヒトと近縁のサル類との比較から浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 旅する人たち
  • 第2章 なぜ動物は移動するのか
  • 第3章 旅とはなにか
  • 第4章 "よその人"との対等な関係
  • 第5章 許容が生まれるコミュニケーション
  • 第6章 許容はいかに進化したか
  • 第7章 ヒトはなぜ旅をするのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜヒトは旅をするのか
著作者等 榎本 知郎
書名ヨミ ナゼ ヒト ワ タビ オ スルノカ : ジンルイ ダケニ ソナワッタ ボウケンシン
書名別名 人類だけにそなわった冒険心
シリーズ名 Dojin選書 037
出版元 化学同人
刊行年月 2011.1
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7598-1337-1
NCID BB04749547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21952617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想