看護崩壊 : 病院から看護師が消えてゆく

小林美希 著

医療制度に翻弄され、ギリギリの人員で長時間の夜勤をこなす看護師たち。多発する流産やうつ、過労死、これら心身の疲弊から年間10万人以上が離職し続ける現場は、超高齢化社会となる日本を支え切れるのか?医療崩壊が叫ばれるなか、医師不足の陰で見過ごされてきた看護師問題。その深刻な実態と今後の対策を徹底追求する、初めての警告の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 医療崩壊を加速させる「看護師不足」の深刻さ(医師不足の陰に隠れる看護師問題
  • 「2025年問題」を支えきれない ほか)
  • 第2章 夜勤と2交代勤務の増加が現場をむしばむ(失われる母性保護
  • 「職場流産」の実態 ほか)
  • 第3章 制度に翻弄される看護師と患者の悲劇(制度に左右される看護労働の実態
  • 点数のつかないオペ室の疲弊 ほか)
  • 第4章 やりがいと苦悩のはざまで-看護師が消える理由(L字カーブの就業率
  • 激務の中、無力感-新人看護師の苦悩 ほか)
  • 第5章 命を守るため今こそ看護問題と向き合おう(職場単位でできることは何か
  • 労使の新しい形を築く ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 看護崩壊 : 病院から看護師が消えてゆく
著作者等 小林 美希
書名ヨミ カンゴ ホウカイ : ビョウイン カラ カンゴシ ガ キエテユク
シリーズ名 アスキー新書 178
出版元 アスキー・メディアワークス : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2011.1
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-870087-0
NCID BB04747450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21889523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想