ミクロ経済学

西村和雄 著

ミクロ経済学の基礎を無理なく理解し、かつ応用できることを念頭においた、経済学を初めて学ぶ人のためのテキスト。図表を多用したわかりやすい説明で、「不確実性と情報」「ゲームの理論」「動学理論」などの分野もカバーする。内容をより深く理解するための、コラム、練習問題も充実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ミクロ経済学の論理と方法
  • 市場機構と需要・供給
  • 消費者と需要
  • 消費者行動と需要曲線
  • 消費者需要理論の応用と拡張
  • 企業行動と生産関数
  • 企業行動と費用関数
  • 企業の長期費用曲線と市場の長期供給曲線
  • 完全競争市場と効率性
  • 不完全競争市場
  • 生産要素市場
  • 市場機構の限界
  • 不確実性と情報
  • ゲームの理論
  • 国際貿易
  • 動学理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミクロ経済学
著作者等 西村 和雄
書名ヨミ ミクロ ケイザイガク
書名別名 Mikuro keizaigaku
シリーズ名 現代経済学入門
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.1
版表示 第3版.
ページ数 265p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-026655-0
NCID BB0474329X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21897741
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想