沖縄空白の一年

川平成雄 著

鉄と血の嵐が吹き荒れた沖縄戦。米軍は戦争終結後を見据えた戦略があった。必至に生きる住民の姿、焦土の中での経済復興の経過を詳細に描き、謎につつまれた"空白の一年間"を解明。「戦後」なき沖縄の原点に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 沖縄戦終結はいつか
  • 2 米軍の沖縄上陸、占領と統治
  • 3 収容所の中の住民と生活の息吹
  • 4 復興への胎動と住民の生活
  • 5 人の動きと経済復興の始まり
  • 6 沖縄の「切り捨て」「切り離し」と米軍政府占領下の沖縄
  • 7 「戦後」なき沖縄

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄空白の一年
著作者等 川平 成雄
書名ヨミ オキナワ クウハク ノ 1ネン
書名別名 1945-1946

Okinawa kuhaku no 1nen
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2011.2
ページ数 278, 16p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-642-03801-0
NCID BB04739077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21888222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想