環境経営イノベーションの理論と実践

植田和弘, 國部克彦, 岩田裕樹, 大西靖 著

単なる環境配慮型経営を超えた画期的な環境経営手法である「環境経営イノベーション」を環境経済学と環境経営学(環境会計を含む)の視点から理論的に定義すると共に、日本を代表する環境経営の先進企業(パナソニック、リコー、積水化学工業、ダイキン工業)のケースにより、その実践方法も示唆。環境経済学と環境経営学の融合によって、新しい学問領域を切り開く起点となる待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環境経営イノベーションの理論(環境経営イノベーションの意義
  • 環境経営イノベーションの分析視角)
  • 第2部 環境経営イノベーションの実践(パナソニックの環境経営イノベーション-グローバルベースの環境対応
  • リコーの環境経営イノベーション-環境と利益の同軸経営
  • 積水化学工業の環境経営イノベーション-環境を通した企業成長
  • ダイキン工業の環境経営イノベーション-環境規制への全社的対応
  • 環境経営イノベーションの評価)
  • 第3部 環境経営イノベーションの展望(環境経営イノベーションの推進に向けて-対談 植田和弘、國部克彦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境経営イノベーションの理論と実践
著作者等 国部 克彦
岩田 裕樹
植田 和弘
大西 靖
書名ヨミ カンキョウ ケイエイ イノベーション ノ リロン ト ジッセン
書名別名 Kankyo keiei inobeshon no riron to jissen
シリーズ名 環境経営イノベーション 1
出版元 中央経済社
刊行年月 2010.12
ページ数 263p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-68030-4
NCID BB04677402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21880379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想