カブラの冬 : 第一次世界大戦期ドイツの飢饉と民衆

藤原辰史 著

イギリスのドイツに対する経済封鎖は、女性と子どもを中心に76万人の餓死者を生む。二度と飢えたくないという民衆の願いは、やがてナチスの社会政策や農業政策にも巧みに取り込まれていく。ナチスを生んだ飢餓の記憶。銃後の食糧戦争。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 戦争と食糧
  • 第1章 大国が飢える条件
  • 第2章 食糧危機のなかの民衆と政府
  • 第3章 日常生活の崩壊過程-「豚殺し」と「カブラの冬」
  • 第4章 食糧暴動から革命へ
  • 第5章 飢饉からナチズムへ
  • おわりに ドイツの飢饉の歴史的位置

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カブラの冬 : 第一次世界大戦期ドイツの飢饉と民衆
著作者等 藤原 辰史
書名ヨミ カブラ ノ フユ : ダイ 1ジ セカイ タイセンキ ドイツ ノ キキン ト ミンシュウ
書名別名 Kabura no fuyu
シリーズ名 レクチャー第一次世界大戦を考える
出版元 人文書院
刊行年月 2011.1
ページ数 154p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-409-51112-1
NCID BB04668004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21947334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想