20世紀ユダヤ思想家 : 来るべきものの証人たち  3

ピエール・ブーレッツ 著 ; 合田正人, 渡名喜庸哲, 三浦直希 共訳

ユダヤ教と現代思想-20世紀、この両者の深淵で繰り広げられた知的格闘を、思想家ひとりひとりを光源として、詳細かつ重層的に描き出したシリーズの掉尾を飾る第3巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第7章 レオ・シュトラウスの遺言(ペリシテ人の国から隔たって
  • スピノザ問題
  • ヘルマン・コーエンの涙のもとで ほか)
  • 第8章 ハンス・ヨナス-思想の経験と世界に対する責任(亡命、忠誠と失望-ある人生の路程
  • グノーシスの鏡
  • 有機体から自由へ-死すべきものであることの重荷と恵み ほか)
  • 第9章 エマニュエル・レヴィナスとともに-裁かれる歴史(労働と学習によって世界を建設すること
  • 世界のように古く
  • "全体性"を越える"無限"の観念 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20世紀ユダヤ思想家 : 来るべきものの証人たち
著作者等 Bouretz, Pierre
三浦 直希
合田 正人
柿並 良佑
渡名喜 庸哲
藤岡 俊博
ブーレッツ ピエール
書名ヨミ ニジッセイキ ユダヤ シソウカ : キタルベキ モノ ノ ショウニンタチ
書名別名 TÉMOINS DU FUTUR
巻冊次 3
出版元 みすず書房
刊行年月 2013.11
ページ数 375,6p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-07748-0
NCID BB04664772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22333078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想