〈オンナ・コドモ〉のジャーナリズム

林香里 著

ミニコミやオルターナティヴ・メディア、インターネットでの相互交流的な情報空間がますます活発化する反面、マスメディア・ジャーナリズムの衰退が顕著だ。本書は、排除され、見えなくされがちな女性、子ども、高齢者、貧困層、障害者、外国人等の視点と声を反映した「オンナ・コドモ」のジャーナリズムの豊富な実践例をふまえ、「ケアの倫理」とともにメディア社会をトータルに活性化するための方法を提起する。理念的考察と実践的提言を有機的に架橋する試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「オンナ・コドモ」とジャーナリズム
  • 第2章 ケアのジャーナリズム試論-情報化時代のマスメディアの「もう一つの倫理」
  • 第3章 米国型自由主義ジャーナリズムの功罪
  • 第4章 「オルターナティヴ・メディア」は公共的か
  • 第5章 ジャーナリズムの仕事と女性
  • 第6章 メディア産業の非典型雇用労働
  • 第7章 「専門職」としてのジャーナリスト
  • 第8章 「公共性」から「連帯」へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈オンナ・コドモ〉のジャーナリズム
著作者等 林 香里
書名ヨミ オンナ コドモ ノ ジャーナリズム : ケア ノ リンリ ト トモニ
書名別名 ケアの倫理とともに

Onna kodomo no janarizumu
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.1
ページ数 227, 20p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-022410-9
NCID BB04645406
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21899515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想