開発援助政策

下村恭民 著

なぜ援助が行われるのか。援助国政府・ODAの理念や動機はどう作用し、NPOなど多様な利害関係者の途上国・国際社会・援助国内での働きかけがどう影響するのか。具体的事例を通じ検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本書の視座
  • 第1部 開発援助政策の基本構造(「開発援助政策」とは何か
  • 開発援助の目的と「動因」
  • 開発援助の「動因」の考察)
  • 第2部 開発援助政策と各種ステイクホルダーの影響(第2部の検討の枠組み
  • ドナー・コミュニティと開発援助政策
  • 国際援助コミュニティと開発援助政策
  • 国際関係の中の開発援助政策
  • 開発援助政策に対する途上国側の影響
  • 援助国内のステイクホルダーと開発援助政策
  • 今後の展望と課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開発援助政策
著作者等 下村 恭民
書名ヨミ カイハツ エンジョ セイサク
シリーズ名 国際公共政策叢書 第19巻
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2011.1
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8188-2141-5
NCID BB04629942
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21890345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想