マックス・ウェーバーの社会学 : 『経済と社会』から読み解く

牧野雅彦 著

ウェーバーの著作の中でもとりわけ難解と言われる『経済と社会』。そこで検討されるのはヨーロッパにおいて初めて成立する近代国家の特質と形成過程であった。本書は、『宗教社会学論集』と並ぶ主要業績とされる『経済と社会』を、当時の国家学・法律学の論争的文脈の中で読み解きながら、ウェーバーの社会学がいったい何を論じようとしていたのかを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『経済と社会』をどう読むか
  • 君主制という問題-ドイツ国家学の展開
  • 国家学から国法学へ-ドイツ統一と国家学の変容
  • 国家学の再編-イェリネクとウェーバー
  • 法律学的方法から社会学的方法へ-ウェーバー社会学の形成
  • 法の社会学的基礎概念-「法秩序と経済秩序」
  • 「国家」の起源-「家共同体」と「政治的共同体」
  • 中世封建社会の特質-『支配の社会学』
  • 中世都市とローマ法-『都市の類型学』と『法社会学』
  • 国家概念の再編-アンシュタルトと結社
  • 国家学の再建-『経済と社会』「第一部」
  • 法律学的方法の意味について
  • ウェーバー社会学とわれわれ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マックス・ウェーバーの社会学 : 『経済と社会』から読み解く
著作者等 牧野 雅彦
書名ヨミ マックス ウェーバー ノ シャカイガク : ケイザイ ト シャカイ カラ ヨミトク
書名別名 Makkusu ueba no shakaigaku
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2011.1
ページ数 244, 7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-05862-4
NCID BB04601433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21879779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想