女医が乳がんを乗り越えた時 : 乳がんです。乳房全摘です

安藤郁 著

自分の人生にいきなり「がん」という病気が割り込んできた。最初は現実から背を向け逃げていた。しかし、がんと向き合い、ありのままの自分を受け入れた。母であり、医師であり、一人の女である著者は、いま懸命に生きている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 絶対に医者になってやる-子どもの頃の私
  • 第2章 やっと青春を取り戻した日々-夢・恋・友情を育んだ浪人〜医大生の私
  • 第3章 目標の先に見つけたもの-医師として歩み出した私
  • 第4章 乳がんとの闘い-がんという病気が私を変えた
  • 第5章 「健康」について考える-がん患者で医師の私だからいえること
  • 第6章 感謝と充実の日々-幸せをかみしめ、生きている

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女医が乳がんを乗り越えた時 : 乳がんです。乳房全摘です
著作者等 安藤 郁
書名ヨミ ジョイ ガ ニュウガン オ ノリコエタ トキ : ニュウガン デス ニュウボウ ゼンテキ デス
出版元 メタモル
刊行年月 2011.1
ページ数 153p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89595-776-2
NCID BB04600827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21951694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想