竹久夢二 : 社会現象としての〈夢二式〉

高橋律子 著

大正ロマンの時代…人びとの心をとらえた"夢二式"美人。その表現と社会現象から流行の理由を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会現象としての"夢二式"
  • 第2章 「美術趣味」の時代
  • 第3章 雑誌のビジュアル化と美術系投稿欄
  • 第4章 竹久夢二と少女たち
  • 第5章 インテリ青年たちの夢二受容
  • 第6章 夢二の描写
  • 第7章 前衛と抒情-「ひとつ眼」と悩める人形
  • 第8章 繰り返されるモチーフ-スクラップブックと"夢二式"写真

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 竹久夢二 : 社会現象としての〈夢二式〉
著作者等 高橋 律子
書名ヨミ タケヒサ ユメジ : シャカイ ゲンショウ ト シテノ ユメジシキ
出版元 ブリュッケ : 星雲社
刊行年月 2010.12
ページ数 379p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-434-15191-0
NCID BB04591205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21875037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想