都知事

佐々木信夫 著

都知事は首相より強い権力者と言われる。首相が頻繁に交代するなか、もう一つの政府とも言える都知事は原則四年間変わらない。一三〇〇万の都民を背景に、GDP世界第一〇位以内の実力を持つ東京都は、日本で突出した力を持ち国政に影響を与え、また公害をはじめとする新たな問題と格闘してきた。本書は、都知事のもと、国家の一歩先を走ろうと試行錯誤した歴史を辿りながら、大都市東京の実態と可能性を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 都知事とは何か
  • 第2章 都知事と都政-戦後六〇年の軌跡
  • 第3章 都議会-真の立法機関へ
  • 第4章 都庁官僚-「二〇万人体制」の現在
  • 第5章 都知事と政策決定
  • 第6章 都財政-常代化する危機
  • 第7章 独自の大都市制度-都と特別区の関係
  • 第8章 石原都政の大都市経営-転換を試みた一二年
  • 終章 大都市東京の行方-三つの焦点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都知事
著作者等 佐々木 信夫
書名ヨミ トチジ : ケンリョク ト トセイ
書名別名 権力と都政

Tochiji
シリーズ名 中公新書 2090
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.1
ページ数 240p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102090-1
NCID BB04576890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21911503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想