日露戦争と日本在外公館の"外国新聞操縦"

松村正義 著

極東の小国日本が大国ロシアに勝利するために採った外交手段のひとつ"外国新聞操縦"。現在では使われなくなったこの用語の内実に迫り、世界中の日本の在外公館で行われた広報外交の実相に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の対露開戦と在外公館(欧米主要六カ国に駐在する各公使への広報訓令
  • 日本の先制攻撃を激しく非難したロシアの対外宣伝に反駁)
  • 第2部 世界の各地域における日本の在外公館(ヨーロッパの主要5カ国
  • ヨーロッパの中堅諸国
  • 北米大陸とラテン・アメリカ地域
  • アジア地域と大洋州圏)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日露戦争と日本在外公館の"外国新聞操縦"
著作者等 松村 正義
書名ヨミ ニチロ センソウ ト ニホン ザイガイ コウカン ノ ガイコク シンブン ソウジュウ
出版元 成文社
刊行年月 2010.12
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-915730-82-5
NCID BB04563367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21932704
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想