18世紀フランスの憲法思想とその実践

畑安次 著

ルソーの憲法思想やロベスピエールの革命実践が提起している諸問題、とりわけ彼らが提起した「徳」の観念から、今日のわが国をめぐる内外の政治状況へ貴重な示唆を与える。国家権力に対して主権者として何をさせることができるのか、私達に問いかける待望の良著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 18世紀フランスの憲法思想考察の今日的意義
  • 第1部 啓蒙期の憲法思想(自由主義的貴族の憲法思想-Montesquieu
  • ブルジョアの憲法思想
  • 「民衆」の憲法思想-J.‐J.Rousseau
  • コミュニストの憲法思想-Morelly,Mably)
  • 第2部 革命期の憲法思想とその実践(アンシャン・レジーム末期におけるパルルマンの憲法思想とその実践
  • ブルジョアの憲法思想とその実践-Si'ey`es
  • 「民衆」の憲法思想とその実践-Robespierre
  • コミュニストの憲法思想とその実践-Babeuf)
  • 18世紀フランスの憲法思想とその実践に学ぶもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 18世紀フランスの憲法思想とその実践
著作者等 畑 安次
書名ヨミ 18セイキ フランス ノ ケンポウ シソウ ト ソノ ジッセン
シリーズ名 憲法 59
学術選書 59
出版元 信山社
刊行年月 2010.12
ページ数 297p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-5859-2
NCID BB04553818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21941571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想