空気の教育

外山滋比古 著

「教育のことを薫陶という。これはまさに空気による育成を意味する」、家庭には家風、学校には校風があることを考えてみよう。人間が生活しているところにはやがて、一定の空気、雰囲気が生じる。本当の教育は押し付けや口先だけの注意ではない、子どもを包む家庭や学校の空気こそ、最も深いところに作用する。お茶の水女子大学附属幼稚園の園長でもあった著者独自の教育論は目からウロコである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ゆっくり急げ
  • 2 家庭のしつけ
  • 3 子を育ててこそ
  • 4 ちょっぴり不幸
  • 5 逆説
  • 6 聖域
  • 7 勲章
  • 8 空気の教育

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空気の教育
著作者等 外山 滋比古
書名ヨミ クウキ ノ キョウイク
書名別名 Kuki no kyoiku
シリーズ名 ちくま文庫 と1-7
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.1
ページ数 221p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42794-6
NCID BB04519150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21900142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想