天皇の歴史  02巻

吉川 真司【著】

女性天皇たちが護った天武直系の皇統。期待とともに即位した聖武を待ち受けていた天災と政変。疫病大流行に苦悩する天皇は仏教に深く帰依し、平城京は仏都の彩りを濃くしていく。そして空前の専制君主・称徳天皇、聖武朝の否定者・桓武天皇が新時代を切り開いた。波乱に満ちた古代天皇の生涯と宮都の実像を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 天皇の都・仏の都
  • 第1章 飛鳥から平城へ
  • 第2章 平城宮の儀礼と政務
  • 第3章 聖武天皇
  • 第4章 行基と知識と天皇
  • 第5章 四字年号時代
  • 第6章 桓武天皇
  • 第7章 平安京の王権
  • 第8章 仏都の命脈

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇の歴史
著作者等 吉川 真司
書名ヨミ テンノウ ノ レキシ
書名別名 聖武天皇と仏都平城京

Tenno no rekishi
巻冊次 02巻
出版元 講談社
刊行年月 2011.1
ページ数 382p
大きさ 20cm
付随資料 1枚.
ISBN 978-4-06-280732-6
NCID BB04505699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21882483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想