ワーク・ライフ・バランスと家族形成 : 少子社会を変える働き方

樋口美雄, 府川哲夫 編

少子社会を乗り越えるための処方箋。企業・労働組合への調査などをもとに、人びとの労働や生活環境の現状を実証的・多角的に分析。就労か出産・育児かの三者択一を迫らない、子育てにやさしい社会に向けて、よりよい政策、企業のあり方を提案する。ワーク・ライフ・バランス研究の最前線。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問題意識とまとめ
  • 第1部 現代の働き方と家族形成(少子社会における働き方-現状と課題
  • 働き方と家族形成の関係)
  • 第2部 人びとの家族形成と働き方の社会的・経済的背景(成年層の子ども数の実態
  • ワーク・ライフ・アンバランスはどこで起こっているか-出産ペナルティと女性の就業継続
  • 妻の学歴・就業と出産行動
  • 母親の就業が女性労働供給に与える影響について-独身者と既婚者の調査を用いて)
  • 第3部 ワーク・ライフ・バランス推進施策と生活形態(企業の両立支援策と労働時間-組合調査による分析
  • 働き方と両立支援策の利用
  • 夫の家事時間を決定するもの
  • 両立支援制度が男性の生活時間配分に与える影響)
  • 第4部 ワーク・ライフ・バランス推進施策と家族形成(労働時間や家事時間の長い夫婦ほど出生率は低いか
  • 両立支援策と出生率-労働組合への調査から
  • 待機児童の存在と出生の関係)
  • 両立支援策への示唆-少子社会を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワーク・ライフ・バランスと家族形成 : 少子社会を変える働き方
著作者等 坂本 和靖
大石 亜希子
守泉 理恵
安部 由起子
島根 哲哉
府川 哲夫
戸田 淳仁
樋口 美雄
武石 恵美子
泉田 信行
田中 隆一
酒井 正
野口 晴子
野崎 祐子
駿河 輝和
高畑 純一郎
書名ヨミ ワーク ライフ バランス ト カゾク ケイセイ : ショウシ シャカイ オ カエル ハタラキカタ
書名別名 Waku raifu baransu to kazoku keisei
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2011.1
ページ数 330p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-051134-6
NCID BB04503285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21945322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想