モーツァルトとベートーヴェン

中川右介 著

モーツァルトがいなければ『英雄』は、なかった!サラリーマンからフリーランスへ…そのとき、音楽はどう変わったか。ヨーロッパ激動の時代を生きた音楽家の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 一七八七年、ウィーン
  • 第1章 ザルツブルクの神童 一七五六〜七一年(大司教が支配する国、ザルツブルク
  • モーツァルトの父レオポルトの能力と野心 ほか)
  • 第2章 不遇な青年 一七七〇〜八一年(父子三代の音楽家ベートーヴェン
  • モーツァルト、不遇の始まり 一七七一年 ほか)
  • 第3章 ウィーンのフリー・ミュージシャン 一七八〇〜九一年(ベートーヴェン、師ネーフェと出会う 一七八一年
  • コンスタンツェと『後宮からの誘拐』 一七八一年 ほか)
  • 第4章 ウィーンの新星 一七九一〜一八〇五年(モーツァルトの遺産と妻コンスタンツェ
  • ハイドンとベートーヴェンの出会い 一七九二年 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モーツァルトとベートーヴェン
著作者等 中川 右介
書名ヨミ モーツァルト ト ベートーヴェン
書名別名 Motsuaruto to betoven
シリーズ名 インテリジェンス PI-298
青春新書 PI-298
出版元 青春出版社
刊行年月 2010.12
ページ数 301p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04298-7
NCID BB04479001
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21858672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想