音楽の不思議を解く : 音楽はどう生まれ、発展してきたのか

坂口博樹 著

職業作曲家として、あらゆるスタイルで音楽を作り・眺めてきた著者が、他分野との関連の中から音楽の本質を描き出したハイブリッド音楽論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 音楽の成り立ちの不思議(「音楽」は明治から始まった?-日本音楽の断絶
  • 「music」の語源を探る ほか)
  • 第2章 日本人と音楽の不思議(西洋音楽は日本にどうやって入ってきたのか?
  • 日本人の音感?-日本人はノイズがお好き ほか)
  • 第3章 和音と音律の不思議(和音(ハーモニー)はどうやって生まれたのか
  • 音律と標準ピッチ ほか)
  • 第4章 楽典の疑問(五線
  • なぜ「ド」でなく「ラ」が「A」になったのか-ねじれて伝わった古代 ほか)
  • 第5章 音楽ジャンル別の不思議(古典派とはなにか
  • 交響曲はそんなに格が高いのか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽の不思議を解く : 音楽はどう生まれ、発展してきたのか
著作者等 坂口 博樹
書名ヨミ オンガク ノ フシギ オ トク : オンガク ワ ドウ ウマレ ハッテンシテキタノカ
書名別名 Ongaku no fushigi o toku
出版元 ヤマハミュージックメディア
刊行年月 2010.12
ページ数 199p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-636-85697-2
NCID BB04440786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21943793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想