生産システムの史的展開と比較研究

前田淳 著

資本主義的生産システムにおけるイノベーションと合理的な発展プロセスを、アダム・スミスの「ピン工場」、「テイラーシステム」、「フォードシステム」、「トヨタシステム」の比較分析により解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マニュファクチュア段階における「生産システム」の特質-アダム・スミスの「分業論」の考察を踏まえて
  • 第2章 テイラーシステムとフォードシステム出現前のアメリカにおける経営経済的・社会的条件-内部請負制度の形成と崩壊
  • 第3章 テイラーシステム出現前の先行研究
  • 第4章 テイラーシステムの構築とその意義
  • 第5章 フォードシステムの構築とその意義
  • 第6章 トヨタシステムの構築とその意義-プロトタイプ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生産システムの史的展開と比較研究
著作者等 前田 淳
書名ヨミ セイサン システム ノ シテキ テンカイ ト ヒカク ケンキュウ
書名別名 Seisan shisutemu no shiteki tenkai to hikaku kenkyu
シリーズ名 慶應経営学叢書 第6巻
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2010.12
ページ数 294p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1793-7
NCID BB04438412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21941464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想