原のぶ子の生涯 : 近現代日本服飾界の礎

原秋櫻子 著

戦後の日本服飾界のパイオニア、原のぶ子の初めての評伝。フランスで服飾デザインを学び、帰国後には仏式洋裁学校やデザイナー団体の設立などに尽力、その礎を築いた…。数々の世界的デザイナーを育てた、その絶大な影響が初めて公表される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 のぶ、誕生から共立時代
  • 第2章 フランス留学時代ののぶ子と勝郎
  • 第3章 帰国後ののぶ子とアトリエ
  • 第4章 「原のぶ子アカデミー洋裁」
  • 第5章 服飾文化の啓蒙と教育
  • 第6章 デザイナークラブ「サロンデモード」の設立、そして海外へ
  • 第7章 日本化学繊維協会ほか各種協会とのぶ子
  • 第8章 のぶ子の晩年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原のぶ子の生涯 : 近現代日本服飾界の礎
著作者等 原 秋櫻子
書名ヨミ ハラ ノブコ ノ ショウガイ : キンゲンダイ ニホン フクショクカイ ノ イシズエ
書名別名 Hara nobuko no shogai
出版元 原書房
刊行年月 2010.12
ページ数 395p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-562-04658-4
NCID BB04416781
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21885750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想