視覚はよみがえる : 三次元のクオリア

スーザン・バリー 著 ; 宇丹貴代実 訳

視覚は二〜三歳を過ぎると正常に発達しないとされる。著者も幼時に斜視だったために二次元視力しかなかった。ところが、四八歳にして彼女は奇跡的に立体視力を得る。それは劇的な変化だった。世界が3Dで見えるというだけではない。音楽も思考も三次元で現れたのだ-。神経生物学者が自らの体験をもとに、脳の驚異的な能力、視覚と脳の真実に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 立体視力のない状態
  • 第2章 混乱していた幼少期
  • 第3章 学校での受難
  • 第4章 どこを見ればいいのかを知る
  • 第5章 視線を固定させる
  • 第6章 あいだの空間
  • 第7章 ふたつの目が一体となって見るとき
  • 第8章 素質か環境か
  • 第9章 視覚とその修正

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 視覚はよみがえる : 三次元のクオリア
著作者等 Barry, Susan R
宇丹 貴代実
バリー スーザン
書名ヨミ シカク ワ ヨミガエル : 3ジゲン ノ クオリア
書名別名 Fixing my gaze
シリーズ名 筑摩選書 0008
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.12
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01506-8
NCID BB04407907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21891022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想