バイオ研究のためのラボワーク入門

大藤道衛 著

プロトコールのポイントがわかる!PCR、電気泳動、遺伝子組換えが自分でできる!試薬・器具の扱い方、実験結果の管理、統計評価も解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ラボワークに入る前に学ぶこと、ラボワークの準備(実験室の設定
  • 法令・指針
  • 試薬・器具の選定と使い方 ほか)
  • 第2章 遺伝子組換え実験、遺伝子発現実験(実験の背景
  • 形質転換実験
  • 形質転換大腸菌からのプラスミドDNAの抽出 ほか)
  • 第3章 遺伝子解析実験(実験の背景
  • ヒトゲノムDNAの抽出
  • PCRによるDNA断片の増幅 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオ研究のためのラボワーク入門
著作者等 大藤 道衛
書名ヨミ バイオ ケンキュウ ノ タメノ ラボ ワーク ニュウモン
書名別名 Baio kenkyu no tameno rabo waku nyumon
出版元 講談社
刊行年月 2010.12
ページ数 150p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-06-153882-5
NCID BB04402925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21880407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想