人の一生と医療紛争

植木哲 著

人が医療紛争に巻き込まれるとき、裁判ではどのように解決されるのか。第1部は、「医療裁判の基本問題」と題し、医療裁判における要件論と効果論を論じる。第2部では、「医療現場と医療裁判」の関係を検討し、通常医療、周産期医療、終末期医療等の各医療の特徴が損害額算定にどのような影響を与えているかを解明する。第3部は、医療紛争の解決を医療裁判に委ねることの限界を指摘し、その代替案を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 医療紛争の基本問題(医療行為(作為・不作為)と注意義務違反
  • 医療行為と因果関係
  • 医療行為と損害)
  • 第2部 医療現場と医療裁判(生殖医療技術と医療裁判
  • 周産期医療と医療裁判
  • 検査と医療裁判
  • 通常医療と医療裁判
  • 先端・新規医療と医療裁判
  • 救急医療と医療裁判
  • 終末期医療と医療裁判
  • 医療関連死と医療裁判)
  • 第3部 医療裁判から裁判外紛争処理制度(医療ADR)へ(医療裁判から医療ADRへ
  • 医事紛争裁判の現状と課題
  • 医療ADR機関の具体化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人の一生と医療紛争
著作者等 植木 哲
書名ヨミ ヒト ノ イッショウ ト イリョウ フンソウ
出版元 青林書院
刊行年月 2010.12
ページ数 497p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-417-01530-7
NCID BB04385928
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21867964
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想