条約改正史 : 法権回復への展望とナショナリズム

五百旗頭薫 著

幕末から明治初年にかけて締結された「不平等条約」は、いかに改正されたか。日本は、領事裁判制度撤廃の国際的合意をかちとりながら、それに反発する政府内外のナショナリズムによって、繰り返し条約改正交渉の挫折を余儀なくされた。明治初年の混迷を経て、本格的に改正交渉を行うようになった寺島外務卿と井上外務卿・外相期を中心に、条約改正を、法権回復交渉の停滞・前進としてではなく、行政権回復交渉の挫折、その結果としての法権回復への跳躍ととらえ、政治外交史の観点から解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 研究史と前史、視覚
  • 第1部 行政における主権回復の試み(寺島宗則外務卿と税関行政
  • 井上馨外務卿と警察行政)
  • 第2部 法権回復への跳躍(条約改正予備会議
  • 会議の間-日本の台頭と最後の暫定協定構想
  • 条約改正会議-法権回復への国際的合意と国内対立)
  • 総括と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 条約改正史 : 法権回復への展望とナショナリズム
著作者等 五百旗頭 薫
書名ヨミ ジョウヤク カイセイシ : ホウケン カイフク エノ テンボウ ト ナショナリズム
書名別名 Meiji Treaty Revision
出版元 有斐閣
刊行年月 2010.12
ページ数 374p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-17370-5
NCID BB0437555X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21879562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想