日本の世界文化遺産を歩く

藤本強 著

日本で現在世界文化遺産とされている11カ所のすべてを訪れ、それぞれの歴史的意味、現在の景観等について、豊富なカラー写真とともに丁寧に紹介。世界遺産の日本側関係者として成立の経緯や指定の条件等についても解説。急逝した著者の絶作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 世界遺産とは
  • 2章 世界遺産成立の背景
  • 3章 日本の世界遺産
  • 4章 法隆寺地域の仏教建造物、姫路城、厳島神社
  • 5章 古都京都の文化財
  • 6章 古都奈良の文化財
  • 7章 日光の社寺、白川郷・五箇山の合掌造り集落、紀伊山地の霊場と参詣道
  • 8章 原爆ドーム、石見銀山遺産とその文化的景観、琉球王国のグスクおよび関連遺産群

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の世界文化遺産を歩く
著作者等 藤本 強
書名ヨミ ニホン ノ セカイ ブンカ イサン オ アルク
書名別名 Nihon no sekai bunka isan o aruku
出版元 同成社
刊行年月 2010.12
ページ数 198p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88621-542-0
NCID BB04370487
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21867835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想