脳とグリア細胞 : 見えてきた!脳機能のカギを握る細胞たち

工藤佳久 著

脳の情報処理に関わる細胞といえば、ニューロンだった。ところが、ニューロン以外にも情報処理に関わる細胞群があることがわかってきた。グリア細胞である。人の脳には、ニューロンの約10倍もグリア細胞が存在するといわれている。最近の研究により、グリア細胞がニューロンとは違う方法で脳機能の発現に関与していることが分かってきている。では、グリア細胞はどんな働きをしているのだろうか?これまでだれも書かなかったグリア細胞の驚くべき性質を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ
  • 私がグリア細胞の存在を意識した理由
  • グリア細胞を理解するための脳の基礎知識
  • 脳の中にいるグリア細胞たち「グリア細胞とひとまとめにして欲しくない」
  • グリア細胞の働きへの不当な評価と誤解
  • グリア細胞は働き者
  • グリア細胞のもっとすごい働き、ニューロンとの情報交換
  • 私たちは脳機能発現にも直接関与しています
  • 脳の障害とグリア細胞
  • 神経変性疾患とグリア細胞
  • 精神疾患とグリア細胞
  • グリアたちの声を聴いて反省すること、考えること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳とグリア細胞 : 見えてきた!脳機能のカギを握る細胞たち
著作者等 工藤 佳久
書名ヨミ ノウ ト グリア サイボウ : ミエテキタ ノウ キノウ ノ カギ オ ニギル サイボウタチ
書名別名 No to guria saibo
シリーズ名 知りたい!サイエンス
出版元 技術評論社
刊行年月 2011.1
ページ数 311p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-4508-2
NCID BB04370319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21870221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想