ルイ・パスツール : 無限に小さい生命の秘境へ

オーウェン・ギンガリッチ 編 ; ルイーズ・E.ロビンズ 著 ; 西田美緒子 訳

発酵は微小な生物の働きによって起こることを証明して生物学革命の引き金をひき、この発見を医学にまで広げて考えて細菌とウイルスの世界の扉を開いたパスツール。20世紀半ばまで「人類にとって最も偉大な恩人のひとり」として英雄視されていたその業績と生涯を現代の視点を織りこんで描いた評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パリへの長い道のり
  • 第2章 輝ける日々
  • 第3章 限りなく小さい生き物を追って
  • 第4章 微粒子病の師
  • 第5章 「ヒツジが申し分なく死んでくれた日」
  • 第6章 「人間にとりかかるときには、手が震えるだろう」
  • 第7章 科学の聖人のための殿堂
  • 第8章 パスツールが世を去ってから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルイ・パスツール : 無限に小さい生命の秘境へ
著作者等 Gingerich, Owen
Robbins, Louise E
西田 美緒子
Robbins Louise E.
ロビンズ ルイーズ・E.
ギンガリッチ オーウェン
書名ヨミ ルイ パスツール : ムゲン ニ チイサイ セイメイ ノ ヒキョウ エ
書名別名 Louis Pasteur
シリーズ名 オックスフォード科学の肖像
出版元 大月書店
刊行年月 2010.12
ページ数 185, 15p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-44058-0
NCID BB04361941
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21868373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想