通貨経済学入門

宿輪純一 著

円高対策、ユーロ危機、元切上げ、東アジア共通通貨、基軸通貨ドルの将来-激動する「通貨経済システム」の歴史・制度・理論・トピック・将来展望を第一人者が明快に解説する決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「通貨安競争」を越えて
  • 第1章 通貨危機と通貨政策
  • 第2章 国際通貨制度の新しい常識
  • 第3章 通貨制度の歴史
  • 第4章 国家と通貨の興亡
  • 第5章 次なる国際通貨システム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通貨経済学入門
著作者等 宿輪 純一
書名ヨミ ツウカ ケイザイガク ニュウモン
書名別名 Tsuka keizaigaku nyumon
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2010.12
ページ数 230p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-532-13399-3
NCID BB04360734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21865559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想