戦後知の可能性

安丸良夫, 喜安朗 編

戦後日本の新たな現実と向き合い、学知探求の筋道を模索した先学たちの軌跡をたどり、啓蒙から出発した戦後日本の知の変貌を見据える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦後知の変貌
  • 第1章 石母田正と敗北の思考-一九五〇年代における転回をめぐって
  • 第2章 丸山眞男の宗教理解-日本仏教史と思想史の方法論
  • 第3章 竹内好のイスラム観-戦前と戦後のあいだで
  • 第4章 吉本隆明の思想と宗教-一九四〇年代から六〇年代まで
  • 第5章 村上重良の近代宗教史研究-政教分離をめぐる生き方
  • 第6章 黒田俊雄の中世宗教史研究-顕密体制論と親鸞
  • 第7章 網野善彦における絶対自由の精神-境界領域を踏破する歴史学
  • 第8章 色川大吉と戦後歴史学-「民衆史」の構想力
  • 第9章 宮田登と民俗学の変貌-挑戦する「もう一つの史学」
  • 第10章 柄谷行人から酒井直樹へ-ポストモダン思想における外部と普遍
  • 終章 変貌する知識人-知と身体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後知の可能性
著作者等 喜安 朗
安丸 良夫
書名ヨミ センゴチ ノ カノウセイ : レキシ シュウキョウ ミンシュウ
書名別名 歴史・宗教・民衆
出版元 山川出版社
刊行年月 2010.12
ページ数 441p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-634-67223-9
NCID BB04353863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21865671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想