東アジア海をめぐる交流の歴史的展開

鐘江宏之, 鶴間和幸 編著

「東アジア海」を中心にした視点から、日本・中国・韓国の国境を超えた文化交流の痕跡をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本武器形青銅器と中国戦国時期三晋青銅武器との接点を訪ねて-兼ねて「物勒工名」形式銘文の一事例
  • 秦漢帝国と東アジア海域
  • 四世紀における韓半島の気候変動と碧骨堤
  • 藤原京造営期の日本における外来知識の摂取と内政方針
  • 長登銅山にみる日本古代の銅の流通と輸送経路
  • 長岡・平安遷都と百済王氏
  • 「遊女」の誕生-『昌泰元年歳次戊午十月廿日競狩記』と文人貴族
  • 高麗時代の対外関係の諸相
  • 高麗時代の官人における落職と復職-李奎報の事例を中心に
  • 一五世紀の室町幕府と日本列島の「辺境」
  • 室町期における備前国児島山伏の活動と瀬戸内水運
  • 東アジア海国際港としての蔚山の地位とその変化
  • 清入関東アジア国際秩序の再編と日本
  • 世方化と東アジアの経済特区の比較

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア海をめぐる交流の歴史的展開
著作者等 下田 誠
加藤 美蘭
家永 遵嗣
島 暁彦
張 東翼
李 正勲
橋本 繁
洪 性鳩
畑中 彩子
禹 仁秀
趙 真慧
近藤 祐介
金 志虎
鐘江 宏之
鶴間 和幸
大多和 朋子
小宮山 嘉浩
李 寶榮
李 志淑
高木 理
李 相勳
書名ヨミ ヒガシアジアカイ オ メグル コウリュウ ノ レキシテキ テンカイ
書名別名 Higashiajiakai o meguru koryu no rekishiteki tenkai
シリーズ名 学習院大学東洋文化研究叢書
出版元 東方書店
刊行年月 2010.12
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-497-21016-6
NCID BB04352066
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21883364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想