小児がんで子どもを亡くした親の悲嘆とケア : 絆の再構築プロセスとソーシャルワーク

三輪久美子 著

親たちは子どものがん闘病と死をどのように受けとめ、対処してきたのか。そのリアルな経験を当事者の視点から明らかにし、親を支えるための援助についてソーシャルワークの視点から検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 小児がんで子どもを亡くした親の経験
  • 第2章 悲嘆に関する先行研究
  • 第3章 質的研究法による調査設計
  • 第4章 子どもの闘病と死をめぐる親の主観的経験-子どもとの絆の再構築プロセス
  • 第5章 母親と父親の違い
  • 第6章 絆の再構築を支える援助
  • 第7章 援助実践にむけての展望と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小児がんで子どもを亡くした親の悲嘆とケア : 絆の再構築プロセスとソーシャルワーク
著作者等 三輪 久美子
書名ヨミ ショウニ ガン デ コドモ オ ナクシタ オヤ ノ ヒタン ト ケア : キズナ ノ サイコウチク プロセス ト ソーシャル ワーク
出版元 生活書院
刊行年月 2010.10
ページ数 234p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-903690-62-9
NCID BB04316448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21914212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想