日本の貴人151家の運命

中山良昭 著

知っているようで知らない旧公家・宮家の成り立ちから現代までの人間ドラマ。時代に翻弄され、数奇な運命をたどった貴人たち。江戸無血開城の「第三の主役」、映画界の名花、戦時下の国策の悲劇。数々のエピソードから波瀾に満ちた日本の近現代史が見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 貴人たちは近現代をどう生きたか(日本の貴族・貴人とは
  • 貴人たちの日本史 ほか)
  • 第1章 その後の貴人たち(北白川宮能久親王(一八四七〜一八九五)維新に逆らった宮様の不遇の死
  • 東久邇宮稔彦(一八八七〜一九九〇)パリから帰国しなかったわけ ほか)
  • 第2章 旧宮家の光と影(閑院宮家-世襲親王家も、時代を経て断絶
  • 有栖川宮家-幕末に維新派皇族として活躍 ほか)
  • 第3章 公家の基礎知識(朝廷と公家の基礎知識
  • 公家文化の現在)
  • 付編 堂上公家一覧(137家)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の貴人151家の運命
著作者等 中山 良昭
書名ヨミ ニホン ノ キジン 151ケ ノ ウンメイ
シリーズ名 朝日新書 273
出版元 朝日新聞
刊行年月 2010.12
ページ数 259p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273373-3
NCID BB04302760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21871032
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想