40代からの節制は寿命を縮める : EBMが教える、「我慢型医療」のウソ

和田秀樹 著

メタボ、コレステロール、血圧、血糖値。さまざまな数値を気にして40代から始める節制が、かえって命を縮めている。たとえばダイエットによる「栄養素の不足の害」は、中高年にはとくに深いダメージを与える。「節制」よりも「雑食」を心がけることが大事なのだ。EBM(根拠に基づく医療)で無駄な節制・我慢をやめて、健康長寿を手に入れる方法を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 我慢型医療のウソ-メタボに気をつけても、日本人の死者は減らせない(太り気味の人が「長生き」という意外な調査結果
  • がんが死因トップの国で、メタボ対策に勤しむ厚労省 ほか)
  • 第2章 がんを防ぎ、がんとうまくつき合う-無駄な「我慢」が免疫力を殺ぐ(我慢型医療は、がんを助長する
  • 「粗食」はメンタル面にも良くない ほか)
  • 第3章 我慢しない食生活-節制よりも、雑食を心がける(なぜ、「太る」ことに罪悪感を抱くのか?
  • 禅宗、お坊さん、粗食に憧れるメンタリティ ほか)
  • 第4章 バイアグラが売れない国・日本-諦めと我慢が「感情の老化」を招く(定年後の起業の成功の秘訣=40代からの準備
  • 「歳を取るほどEQが高まる」という錯覚 ほか)
  • 第5章 「我慢しない」ことが寿命を延ばす-介護、お金遣い、人間関係(自殺者の5〜8割はうつ病
  • 抗うつ剤を恐がりすぎない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 40代からの節制は寿命を縮める : EBMが教える、「我慢型医療」のウソ
著作者等 和田 秀樹
書名ヨミ 40ダイ カラノ セッセイ ワ ジュミョウ オ チジメル : EBM ガ オシエル ガマンガタ イリョウ ノ ウソ
書名別名 40dai karano sessei wa jumyo o chijimeru
シリーズ名 朝日新書 270
出版元 朝日新聞
刊行年月 2010.12
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273370-2
NCID BB04302498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21871033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想