医療裁判 : 理論と実務

石川寛俊 著

被害者・遺族が納得できる裁判はいかにあるべきか。300以上の事件を原告と共に歩みながら、訴訟実践に法理論の構築に、そして社会啓発に、医療裁判のフロンティアを切り開いてきた30年の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 医療過誤訴訟の法理(治療機会の喪失による損害-期待権侵害論再考
  • 期待権の展開と証明責任のあり方 ほか)
  • 2 医療過誤訴訟における因果関係-講義とインタビュー・質疑応答(講義 因果関係を考える
  • インタビュー・質疑応答 因果関係の推定・立証をめぐって)
  • 3 医療と裁判-判例解説(ふぐ中毒患者に対する全身管理
  • 脳動静脈奇形(AVM)を有する患者に対する説明義務 ほか)
  • 4 医療裁判を問う-対談集(どうする医療裁判
  • がん患者はなにを怒り、恨むのか ほか)
  • 終わりに 変わりゆく医療裁判

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療裁判 : 理論と実務
著作者等 石川 寛俊
書名ヨミ イリョウ サイバン : リロン ト ジツム
書名別名 Medical Malpractice Suit
出版元 日本評論社
刊行年月 2010.12
ページ数 501p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-51809-4
NCID BB04301032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21865538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想