東アジアにおける宗教文化の再構築

鈴木正崇 編

多様で重層的な東アジアの宗教文化。急速な近代化・情報化・大衆化にさらされる中、その変容も様々である。中国・東南アジアの大陸部および台湾・韓国・日本における宗教文化『再構築』の現場から、変化の諸相と通底部を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 中国大陸部(中国〓(えつ)東地域における無縁の死者祭祀にみる変化と持続-海陸豊の「聖人公媽」祭祀を中心に
  • 盂蘭節の鬼祭祀にみる神・鬼・祖先の現在
  • 生きている祭祀芸能-中国福建省の「四平戯」 ほか)
  • 第2部 東南アジア大陸部(ハニ族とアカ族の儀礼の解釈と政体の記憶-雲南と北タイの比較
  • 妖術からみたタイ山地民の世界観-ラフの例から
  • タイ北部におけるユーミエン(ヤオ)の儀礼体系と文化復興運動 ほか)
  • 第3部 台湾・韓国・日本(台湾漢人の葬送儀礼にみる変容-一九世紀末から二〇世紀末の葬儀案内文を資料に
  • 孔子廟の礼楽に投影される「中華」と「本土」-台北市孔廟の弘道祠入祀典礼と春季祭孔をめぐって
  • 韓国・安佐島における死者観念の変化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアにおける宗教文化の再構築
著作者等 鈴木 正崇
書名ヨミ ヒガシアジア ニ オケル シュウキョウ ブンカ ノ サイコウチク
書名別名 Higashiajia ni okeru shukyo bunka no saikochiku
シリーズ名 慶應義塾大学東アジア研究所叢書
出版元 風響社
刊行年月 2010.12
ページ数 484p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89489-148-7
NCID BB04300903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21865558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想