はじめて学ぶ国際経済

浦田秀次郎, 小川英治, 澤田康幸 著

国際経済活動を国際貿易・投資、国際金融、開発経済の3部に分けて構成しています。各章ともまずその実態・問題の把握から説き起こし、次に実態を理解するための理論的説明を行い、最後に問題解決のための政策を検討するという流れに沿って叙述されています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 国際貿易・投資(なぜ貿易が行われるのか-貿易パターンの決定・貿易の利益
  • なぜ政府は貿易に介入するのか-貿易政策
  • なぜ地域統合が行われるのか-地域経済統合
  • なぜ海外投資が個々なわれるのか)
  • 第2部 国際金融(どのように国際的に資金が流れるのか-国際金融取引の流れ・資金の流れ
  • 為替レートはどのように決まるのか-為替レートの決定
  • どのように為替レートを安定化させるのか-為替介入とマクロ経済政策
  • どのようにして安定した国際通貨制度を構築するのか)
  • 第3部 開発経済(なぜ豊かな国と貧しい国が存在するのか-経済発展
  • どのようにして貧困を削減すればよいのか-世界の貧困問題
  • どのようにして開発援助を行えばよいのか-政府開発援助(ODA)
  • どのようにして環境と開発の共存を達成するのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめて学ぶ国際経済
著作者等 小川 英治
浦田 秀次郎
澤田 康幸
書名ヨミ ハジメテ マナブ コクサイ ケイザイ
書名別名 Introduction to International Economics

Hajimete manabu kokusai keizai
シリーズ名 有斐閣アルマ
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.1
ページ数 275p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-12421-9
NCID BB04299225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21876428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想