刑法各論の思考方法

大塚裕史 著

刑法の基本原理と個々の論点をむすびつけることにより、刑法の「思考方法」を明らかにした。刑法各論の重要問題について、判例・学説の動向を明らかにし、複雑な学説状況の客観的な整理を試みた。刑法講義の実況中継方式を採用し、専門書の水準を維持しながらできる限り平易に解説した。法科大学院・学部の講義をフォローし、基本書の行間を埋めることにより教育的効果を追求した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 各論の思考方法
  • 第2章 財産犯総論
  • 第3章 財産犯各論
  • 第4章 個人法益に対する罪の重要問題
  • 第5章 社会法益に対する罪の重要問題
  • 第6章 国家法益に対する罪の重要問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑法各論の思考方法
著作者等 大塚 裕史
書名ヨミ ケイホウ カクロン ノ シコウ ホウホウ
出版元 早稲田経営
刊行年月 2010.12
版表示 第3版.
ページ数 602, 12p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8471-3275-9
NCID BB0429773X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21861662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想