集合知の力、衆愚の罠 : 人と組織にとって最もすばらしいことは何か

アラン・ブリスキン, シェリル・エリクソン, ジョン・オット, トム・キャラナン 著 ; 上原裕美子 訳

人はなぜ支え合うのだろうか-深い人間理解と豊かなエピソードを通じていま求められる「知」に至る道が見えてくる。チームの奇跡はこうして生まれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 集合と知が変化を生む
  • 第1章 集合知とは何か
  • 第2章 集合知の出現を促すには
  • 第3章 異なる世界観を生きる
  • 第4章 集団を愚かにするもの
  • 第5章 極性化した集団の悲劇
  • 第6章 合意の幻想
  • 第7章 無限の共創力
  • 第8章 集合知を呼ぶ意識
  • 終章 誰もが必要とされている

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 集合知の力、衆愚の罠 : 人と組織にとって最もすばらしいことは何か
著作者等 Briskin, Alan
Briskin, Alan.
Erickson, Sheryl
Ott, John
上原 裕美子
Callanan Tom
エリクソン シェリル
オット ジョン
キャラナン トム
ブリスキン アラン
書名ヨミ シュウゴウチ ノ チカラ シュウグ ノ ワナ : ヒト ト ソシキ ニ トッテ モットモ スバラシイ コト ワ ナニカ
書名別名 The power of collective wisdom

Shugochi no chikara shugu no wana
出版元 英治
刊行年月 2010.12
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86276-098-2
NCID BB04290129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21866382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想