帝国ホテルの不思議

村松友視 著

虚と実が溶け合った職人芸が花開く舞台。誰でも知ってる帝国ホテル、誰も知らない帝国ホテル…現場の仕事人から炙り出される、一二〇年の歴史と伝統が生んだ、摩訶不思議な文化の砦。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 帝国ホテルの顔という領域(総支配人・定保英弥-「あなたの将来は?」「帝国ホテルの総支配人」
  • 総料理長・田中健一郎-電車とヘラブナ釣りが生む傑作メニュー ほか)
  • 2 ロビーという領域(ドアマン・皆川孝則-両替用五千円札、千円札をポケットに用意
  • ベルマン・二宮修平-人工呼吸用マウスピース携帯 ほか)
  • 3 レストラン・バーという領域(オールドインペリアルバー・早津明人-魅力的な大人の坩堝たる"柿ピー"発祥の場
  • インペリアルラウンジアクア・勝又康治-三味三体の舞台空間で学ぶ人間学 ほか)
  • 4 調理場・宴会場という領域(氷彫刻・平田謙三-消える芸術にいそしむ氷彫刻の左甚五郎
  • ベーカリー・金林達郎-パンと日本人という巨大で厄介な命題 ほか)
  • 5 内蔵される秘密兵器という領域(シューシャイン・キンチャン-映画、ジャズ、そして靴の三味一体
  • プロトコール・金子孝-接遇という伝統の隠し味 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝国ホテルの不思議
著作者等 村松 友視
書名ヨミ テイコク ホテル ノ フシギ
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2010.11
ページ数 357p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-16762-2
NCID BB04270303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21844504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想