妻と最期の十日間

桃井和馬 著

世界各国の紛争地域を取材してきた著者が、最愛の妻をくも膜下出血で亡くすまでの看取りの十日間を記録したノンフィクション。世界中で多くの生と死を見続けてきた著者だったが、迫りくる妻の「死」には、ただひたすら戸惑い、動揺し、取り乱すばかりだった。回復の兆しはなく、意識も戻らぬまま、脳死に陥る妻。著者は、妻の「その瞬間」までを詳細に記録することで、過酷な現実と向き合うことを選ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 突然の知らせ
  • 第2章 延命
  • 第3章 家族旅行
  • 第4章 日記
  • 第5章 病床の聖餐式
  • 第6章 目の前の事実
  • 第7章 不安
  • 第8章 鳴り始めたアラーム
  • 第9章 二人だけの時間
  • 第10章 桜舞う夜に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妻と最期の十日間
著作者等 桃井 和馬
書名ヨミ ツマ ト サイゴ ノ トオカカン
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2010.12
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720572-5
NCID BB04266587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21857788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想